FAB magazine

Free and Beautifulをモットーに、「健やかにかつ適度に美しく生きる」「手を動かしてモノを作る」「旅と遊びを楽しむ」「ワインを楽しむ」の4テーマをメインに書いていましたが、2017年12月に妊娠発覚してからはほぼ妊婦日記になっています。つわりの合間にのらりくらりと更新中。2018年8月お盆頃に出産予定。

【実例】家族/職場/友達への妊娠報告で気を付けたこと/方法/タイミング

どうも、クボレイです。妊娠すると初めてやらなきゃならないことがいっぱい出てきて、まぁそれは普通にリーマンやってれば仕事は常日頃からそうゆうもんですが、しかし仕事とプライベートの合わせ技となるとそれなりにストレスというか疲れがたまりますよね。体調も良くないし、今までただの脂肪だった腹のなかに自分次第で生き死にが決まるような生き物がいると思うとなおさら…。そんなわけで妊娠生活とは喜びよりも不安と苦しみの方が多いだろうと感じている…なんて話は今日のメイントピックではなくて(事実だけど!)、今日は妊娠したら避けては通れない妊娠報告について書きます。一例として参考にしていただければ幸いです。

 

参考までに、現在妊娠17週のわたしの状況はこんな感じ。

  • 出産時31歳
  • 妊娠経過は特に問題なし
  • 職場は女性が約9割で子供が小さい人も多く、出産で退職する人はほとんどおらず、産前産後休暇、育休ともにとって当たり前な雰囲気
  • 親とは同居しておらず、オットの実家は電車で1時間ほど、私の実家は関西(私たちは東京住まい)。どちらとも良好な関係性だが特に頻繁に行き来があるわけではない。
  • 里帰り出産は予定しておらず

家族への報告:夫→陽性反応、他→安定期入ってから

 

以前の記事にも書きましたが、妊娠検査薬で陽性反応が出た際私は家に1人だったので、帰ってくるオットにすぐ言うべきか、病院で確定するのを待ってから伝えるか、ほんの少し迷いました。ぬか喜びさせるのも良くないし、私もしんどいし。でもやはり、オットにはもしぬか喜びであったとしてもそのがっかりを一緒に味わってほしいなぁと思ったのですぐ伝えることにしました。結果、酔っ払って帰ってきてたので、喜んではくれたものの、死ぬほどムカつくことになったんですけどね…。

 

オットと私の実家へは、里帰り出産は予定しておらず、お盆とお正月くらいにしか帰らない程度の行き来なので(私の実家は関西で遠いため。オットの実家はそれ以外に年に数回お邪魔します)、落ち着いてからで良いだろうと。当初、流産の可能性がぐっと低くなる12週ごろに伝えようと思っていましたが、結果、「ここまで待ったなら安定期に入る16週になってからで良くね?」と私の中のズボラちゃんがささやいたため、16週に入っての連絡になりました。オットの実家にはオットから、私の実家にはわたしから。

 

わたしは2人姉妹の妹ですが、姉は既婚ではあるものの子供は作らないと宣言しているので、親にとっては初孫となるわけで、思った以上に喜んでいるようでした。オットの実家の方は…反応聞いてないな(笑) ただ、孫は4人目になるので慣れたものでしょう。

 

職場への報告→上長には10週ごろ、他チームメンバーには16週入ってから

 

職場への報告は、一番悩みました。ネットでリサーチしてみても、発覚直後の5週目から16週の安定期まで幅広過ぎて…。それぞれの判断の理由は妥当だなぁと感じたのでホントに状況次第だなと感じました。わたしは基本的にはあまり身体に負担のないオフィスワークが主で、かつあんまり私生活をオープンにしたくないタイプなのでホントは安定期に入ってからの報告としたかったのですが(流産とかになった場合はとても個人的なことなので秘密にしておきたかった)、やや職場が忙しく、残業前提のプロジェクトへのアサインが妊娠発覚前に決まっており、10週ごろまでは年末年始のバタバタと重なり参加が延び延びになっていたのですが、10週ごろ、もう先延ばしにはできないし、でもつわりが厳しくて残業とか到底無理、と観念して上長に妊娠報告し、アサインを取り消してもらえるようお願いしました。その際に、同僚への報告は可能であれば安定期に入ってからにしたい旨と(業務の都合上、明らかにした方が良い場合は開示しても構わないとも伝えました。みんな忙しいのに1人免除してもらうにはみんなに納得してもらえる理由が必要だろうとも考えて)、安定期に入ったらまた改めてお知らせすると伝えました。結果、アサインは取り消してもらえて助かりました。

 

職場報告に関して一番難しいのは、まだまだ秘密にしておきたい安定期以前が一番体調的に辛いというところではないでしょうか。私は恥ずかしながら正直に言うと知らなかったです、お腹出てくるまでがあんなに辛いものだとは。個人的には毎日様々な不調に苦しんではいたものの、基本オフィスワークで8時間座っているし、休憩も比較的自由に取れるので、気分が悪い時はお手洗いに篭ったり休憩スペースでぼけーっとお茶飲んだりしながら、毎日休みも遅刻もなく出勤できていたので(ホントにこの頃は最低限の仕事しかしていなかったですが)、アサインの件がなければ安定期まで報告しなかったかなぁとは思いますが、遅刻欠勤が出るようだったら、自分の信頼とか周りへの迷惑・影響とかを考えると報告せざるを得ないかなぁと感じました。そう考えると管理職になる人には妊娠・出産についての正しい知識を得るための研修が必須なのではないかと考えたり。上司が無理解だと報告しにくいですよね。

 

友達→12週以降連絡取るタイミングで適宜

 

わたしは元々友達はとても少なく気心知れた仲ばかりなので、友達報告はあんまり悩みませんでした。大体前回会ってから少し間が開くと、「飲みに行こーよー」という話になるので、そのタイミングで「妊娠して酒飲めないからノンアルコールで!」と伝えてました。なので、12週以降そうゆう話になったタイミングで適宜、という感じでした。皆さんの体験談では「妊娠報告で気まずくなった」というものも少なからずありましたが、わたしはそもそもそれで気まずくなるような友達は「進む道が分かたれたのね…」と割り切れるタイプなので(少数精鋭派)、全然でしたね。ただ、そうは言っても「こんな人から珍しく連絡が…!」みたいな時もあって、そうゆう時はお誘いの連絡に返信する際に正直に伝えて、「返信遅くなったからもしまだ予定が空いていれば」等、相手が断りやすいようにはしていました。様々な事情で、そうゆう話題に触れたくない人もあるでしょうから。

 

終わりに

 

以上、妊娠報告わたしの場合、について書いていきました。妊娠自体が最速4週ごろで判明と考えても、そこから16週までの3ヶ月、病院行ったりつわってたり諸々の環境変化のせいで不安定になって家族と揉めたり(わたしもオットと結婚以来最大規模の喧嘩をしました!)、仕事は忙しかったりで、ホント大変ですが、自分の環境に応じて、適切なタイミングで大切な相手に伝えたいですよね。

 

わたしは幸い報告に関してトラブルになったり悩んだりはあまりしませんでしたが(オットがわたしのしたいようにさせてくれたのも大きかったと思う)、なかなかデリケートな問題でもあるので、全妊婦が後悔しないような報告をして欲しいなぁと願うばかりです。