FAB magazine

Free and Beautifulをモットーに、「健やかにかつ適度に美しく生きる」「手を動かしてモノを作る」「旅と遊びを楽しむ」「ワインを楽しむ」の4テーマをメインに書いていましたが、2017年12月に妊娠発覚してからはほぼ妊婦日記になっています。つわりの合間にのらりくらりと更新中。2018年8月お盆頃に出産予定。

【★★★☆☆】『その靴、痛くないですか?』西村泰紀


 

(↑文庫版も出ているようです。私はこっちで読んでまして、おそらく内容はほとんど同じだと思うのですが。)

 

靴でお悩みの女性は多いと思いますが、私もその一人です。私の悩みはどんな靴を履いても大抵かかとがパカパカしてしまうことで、履き込みの浅い靴で履けるものには出会ったことはなく、最近はもっぱら履き込み深めの靴を履いています。ついでにヒールは大抵履き込みが浅いので履けず、ペタンコで履き込み深めとなるとかわいいデザインがあまりないのが悩みでした。。。

 

 

結論:やっぱり履き込みの浅い靴もヒールも履けない…!!

 

本書では、足に合う靴に出会えない理由を靴業界の構造的問題から取り上げてみたり、そもそも足のサイズを勘違いしている人が多いという側面から取り上げてみたり、インソールを用いて靴のサイズを調整する方法が説明されていたりしますが、はっきり言って一番大事で私が知りたいのは、

 

「どうゆう靴を買えばよいのか=どうやって靴を選べばよいのか」

 

です。本書ではその靴選びのポイントが以下のように3つ挙げられています。

 

1.靴を裏からチェックする

2.靴と足の甲の間に隙間がないかチェックする

3.つま先立ちしてかかとがパカパカしないかチェックする

 

1の「靴の裏から~」は、よく聞くように足の形は指の長さによってギリシャ型かエジプト型かスクエア型に分けられるのですが、靴がどの形に合わせて作られているかは裏から見た方がよく分かるから、という話です。2の足の甲についてはもちろんフィット感を確かめるため。で、問題が3。「パカパカしないかチェックする」って。。。むしろ今までパカパカしないパンプスに出会ったことないんですが…!!わたしに合う靴はこの世に存在しないと…!?

 

かかとがパカパカする原因とは…?足のサイズの問題ではなかった…!

 

本書では、足のサイズには様々な要素があり、例えば足長(かかとからつま先までの長さ)や足囲(足幅、ワイズに影響する)、ボール位置(足の指が曲がる位置)を図ってみると、自分の足のサイズ(足長とワイズの組み合わせ)が分かると書かれているので私も実際に自分の足を図ってみたのですが、

 

足長:23.9(右)、23.8(左)

足囲(荷重):24.1(右)、24.0(左)

足囲(非荷重):23.7(右)、23.6(左)

 

となっており、サイズで言うと24Eか24EEというシューズコーナーで売られているごく一般的なサイズ(本書掲載のデータによると、EとEE合わせて靴全体の約45%)。しかし合う靴がない…。ボール位置に関しては具体的な計測方法が書かれていなかったので調べようはありませんが、とりあえず私の足は本書で言うところの比較的マジョリティに属する部類に入るようですが、それでも合う靴はない、と。

 

何でやねーん!!

 

少なくとも上記3ポイントをクリアできていなければインソールで調節とかいうレベルではないくらい足には合っていないそうなので、わたしはスタート地点にする立てないようです。昔靴売り場で言われたのは、「かかとがすごく小さかったり、かかとに引っ掛かりがない人もいる」でしたが、ホントにそうなのか。。。自分では確かめる術がない。

 

結果、履くべきはやはりストラップシューズか紐靴になってしまうのか…。

 

結局、本書ではハイヒールやパンプスはサイズを調整する機能がほとんどないため、中々合う靴が見つからない人はベルトやストラップがついた靴/紐で締めるタイプの靴がオススメされているのですが、もうね、「やっぱりそう来たかー」の一言ですよね。もうそうしてるっちゅーねん。

 

結果、本書を読んでもハイヒールを履けるようになったわけでも履き込みの浅いパンプスを履けるようになったわけでもないのですが、そうした靴を私が履けないのは他の人に比べて忍耐力がないからとか、歩き方が悪いからとか、何かが下手くそだから、というわけではなく、どうやら足そのものに理由があるらしい、という点を知ることができたので、読んで良かったかなと思います。

 

靴選び3つのポイントをクリアしている靴をお持ちの方は、よりフィット感を上げるためのインソールの使い方等も書かれているので、ぜひ読んでみるとよいと思います!

 

かかとパカパカ同志にオススメの私が愛用しているシューズ3足

ちなみに最後に、こんな足の私が愛用している靴を3足ほど挙げておきます。 

 


 

 いわずと知れたミネトンカ。履き込みがすごく深いわけでもないのになぜかかかとがパカパカしないですよねー。初代は履きつぶして今は2代目を履いています。デパート等で買うと1万越えですが(一足目はデパートで見つけてそのまま買ってしまったんですよね…くやしい!)、ネットでは6000円くらいで買えるようです。2足目はハワイで買ったのですが、そのときは45ドルくらいだったので、まぁそんなもんなんですかね。

 


 

ブーツが有名なUGGですが、私はスニーカーを愛用中。私が持っているのは上記の同型で色/素材違いですが、このかたちすっっっっごく履きやすいです。しかもつま先はやや細めで、形はキレイ目だし、ベージュのパイピングが可愛い。最近こればっかり履いてます。日本で買うと2万弱というちょっと勇気のいる値段ですが、これもハワイで125ドルで買いました(ハワイなんて1回しか行ってないんですけどね!靴2足も買ったんだな。いい買い物してる)。

 


 

これが私の持っている唯一「ちゃんとした」系の靴です。今履いているのはなんと3足目!全体がゴムなので蒸れるのがやや難点ですが、中敷きのクッション性といい、かかとが全然抜けない点といい、別にレインシューズとして売られてるわけではないけど多少の雨では全然しみてこない点といい、ホントにお値段以上の価値がある靴だと思っています。あんまり聞かないブランドだけど、ホント末永くこの靴を売り続けてほしいと祈っているくらい。もう3~4年は売られていると思うんですけど。余談ですが、かの有名なレペットの靴に形がすごく似ていて、レペットの方がもっと見た目は華奢なんですが、そっちは私の足には合いませんでした…。

 

あとは夏になると靴下+ビルケンシュトックも定番ですね!