FAB magazine

Free and Beautifulをモットーに、「健やかにかつ適度に美しく生きる」「手を動かしてモノを作る」「旅と遊びを楽しむ」「ワインを楽しむ」の4テーマをメインに書いていましたが、2017年12月に妊娠発覚してからはほぼ妊婦日記になっています。つわりの合間にのらりくらりと更新中。2018年8月お盆頃に出産予定。

妊娠検査薬で陽性反応!体調不良から夫への報告失敗まで…私のリアルな話。

どうも、クボレイです。今日は、「生理が遅れてるかも?」と思ってから妊娠検査薬で陽性反応が出て、それを夫に報告したときのことを書こうと思います。ちょっと日記的になってるのでやたら長いです。笑

 

 

身体の不調と生理の遅れ―妊娠に気付く

 

思い返せば今年の冬は、なんだか調子がすごく悪かった。

ちょっと運動しようと思ってヨガしたらストレートネックの痛みが再発したり、葛根湯飲んでもちっとも良くならない風邪が長引いたり、勤務中の原因不明悪心の後に急に熱出たと思ったら帰りの電車で貧血起こしたり。

 

とは言ってもストレートネックはすでに持病だし、毎年1週間は風邪で寝込むし、前にも熱出て貧血起こしたことはあったから、そんなに気にしてなかった。ちょっと調子悪いっぽいから気をつけよう、くらい。

 

だから、生理が遅れてもそんなに気にしてなかった。もともとサイクル長いし、体調不良もあったし、わたしもオットもピッチピチに若いわけでもないから、狙ってもないのにそんなすんなりできるわけないし、と。避妊はしてなかったんだけど。

 

でもある日、全然寝られない日があった。風邪で日中寝てたせいかとも思ったけど、11時にお布団に入って、寝られずうんうん苦しんで、時計が2時半を指したのを見てこりゃこのまま唸っていても無理そうだと布団を出た。レンチンでハチミツ入りホットミルクを2杯飲んだ。明日の仕事やべぇな…と思いながら一息ついたらようやく寝られそうな雰囲気がしてきて、寝た。

 

その翌日、ふと、生理遅れてるなと思った。生理予定日少し過ぎた頃に体温は下がっていたから準備してたのに、翌日発熱のせいで体温が上がり、その次の日はまた高温期を脱したように体温が下がっていた。で、その翌日からまた体温が上がってたんだけど、風邪のせいだろうと思っていた。けど、カレンダーを見るとどうもやっぱり遅れている。それに、なんだか不自然なほどに眠りが来ないあの感じは、排卵日のあたりによく起きるのと似ている気がした(わたしは排卵日付近の体温がぎゅっと下がった日の夜、寝付けない時がある)。

 

妊娠検査薬で陽性が出た!プチパニック!

 

会社が終わって最寄りのドラッグストアに行って、妊娠検査薬の棚の前で立ち止まって、あれ、こんなに種類あったっけ、即決できない、と少し考えて、いや、まだ会社の最寄りだし誰に見られてるか分からん、って少し棚から離れみて、一旦は、まだ今日じゃなくてもいいか、まだ生理予定日過ぎて6日ぐらいだし、ちょうど一週間の区切りの明日でいいんじゃないかって思ったんだけど、まぁ、陰性だったら500円ムダになるだけ、陽性だったら1日でも早く早く知りたい、と思って買った。一個入り。

 

帰って、オットは会社の飲み会でまだ帰宅していなくて、トイレに直行して、焦るんだけど、結果表示の窓がどうなったら陽性でどうなったら陰性なのかだけ確認して、いざ。

 

それなりに短くはない時間を生きてきたのでこれまでにも何回か検査薬を使ったことはあって、それらの時はぜーんぜん陰性で、ピンクのラインなんてホントに入るのかな、入る意味がわからん、何がどうなっても白は白でしょって思ってたのに、今回はおしっこが浸みて行くに従って、すーって、線が入った。びびった。ピンクの線、入るときには入るんだな、って妙に実感した。

 

夫に報告。酔っぱらってて最高にイライラする結果に…。

 

陽性になっちゃったら、検査薬は精度99%っていうし、物質の有無で判断してるとなると間違ってる可能性はやっぱり低そうだし、あれ、次にすることはなんだっけ、と急にプチパニックを起こした。家に一人だったから良かったけど、オットがいたらトイレにこもって考えることになっていたかも。ネットで調べたところによると、検査薬で陽性→病院で確定、という流れっぽかったので、オットには病院に行って確定してから伝えようかとも思ったけど(だって他の用件は未確定の状態で相談とか報告とか基本しないし)、でもこれに関してはとりあえず伝えた方が良いんだろうな、病院に行って悪いこととかあったときに、ワンクッション挟んでおいた方が色々気遣ってもらえそう、とか考えて、オットが帰ってきたら話そうと決めた。

 

オットはお酒を飲むとややめんどくさい人で、二人で酔っ払っている時は全然気にならないんだけど、自分がシラフの時は、足音うるせーなとか、声出けーなとか、生活音うるせーなとか、人の話聞かねーなとか、力強くて色々痛いとか、 ちょっとめんどくさい。飲み会って言ってたから酔っ払ってたら明日の朝話そう、酔ってなかったら今日しよう、と思ってたら、LINEでやや早めの帰りであることと今日は酔ってないとの自己申告があったので、その日話したのだけれど(私自身ちょっと言いたくて我慢できなかったのもあったと思う)、やっぱり酔っ払ってて、ただの酔っ払いのハイテンションでこんなに特別な報告を処理されて、結構ズシンとへこんだ。もっと神妙かつ理性的な興奮とか喜びを期待してたんだけど。翌朝まで待てなかった自分もまだまだ未熟だな、とそっちもへこんだ。予測できたはずなのに、と。で、へこんでると嬉しくないのかとか絡んでくるからそうじゃねーよおまえだよクソボケ死にやがれ一生に一度かもしれない貴重な経験をゴミにしやがってこのハゲが、と思ったけれど今言っても栓無きことなのでそっと押し黙り、とりあえずその日は寝た。

 

翌朝、酔いが覚めたオットがなんとか言ってきた気もするけれどあんまりよく覚えていない。とにかく彼は嬉しいらしく、私も産む気で、さらに生理がしばらく来ないとか、なんの後ろめたさもなく仕事を2年くらい休めるとか、そっちの嬉しさもあったりして、そんな風にして妊娠は判明したのであった。

 

やっぱ中々ないイベントなので、自分のためにも文字に起こしておきました。 皆さんどんな感じなんですかね?私はそもそもあんまり準備ができてなかったので陽性って判明したらそのあとどうすればいいのかあんまり調べたりしてなくて、しかも自発的に調べてなければ勝手には入ってこない類の情報だったんだな…とか改めて気付いたりしたのでした。ここから怒涛のリサーチの日々が始まるよ!